インナーマッスルトレーニング

「インナーマッスルトレーニング」なら、わたしの鍼灸接骨院にお任せください

お腹の肉をつまむ女性
  • 長時間立っていることができない
  • 姿勢が悪いとよくいわれる
  • ぽっこりお腹が気になる
  • 冷え性で困っている

よい姿勢が取れないのは腹部のインナーマッスルである腸腰筋や腹横筋が弱っているためです。
これらは上半身と下半身をつなぐ蝶番のような筋肉で、このインナーマッスルが弱いと基礎代謝量が減り、太りやすく瘦せにくい身体になります。また代謝が低いと冷え性になります。

楽トレでインナーマッスルトレーニング

楽トレのパッドを腹部に貼り寝ている男性

楽トレは日本とアメリカで特許を取得している複合高周波を進化させたダブルインパクト波形のEMSマシンで、寝ているだけで1分間に300回の腹筋運動ができます。

楽トレの高周波には同じ波形がありません。楽トレでトレーニングをしても、筋肉が硬くなることはなく柔軟な筋肉になり、筋繊維の密度が濃くなって腰痛がでにくくなります。

また楽トレと産後骨盤コンディショニングや姿勢コンディショニングを合わせて受けることで、より美しくよい姿勢に改善していきます。

スマホでタップすると電話がつながります087-802-4747

TOPへ戻る